ホーム > 記事一覧 > 検索注目ピックアップ一覧 > どこか懐かしくて日本一安い遊園地・るなぱあくが行っているイベントやインターネット活用術とは?

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに突撃取材、コメントもご紹介!「検索注目ピックアップ」

どこか懐かしくて日本一安い遊園地・るなぱあくが行っているイベントやインターネット活用術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!検索で急上昇したヒトやモノに取材する、Yahoo!検索ガイドの「検索注目ピックアップ」。5月29日のYahoo!検索のデイリーランキングでは、群馬県前橋市にある遊園地・るなぱあくが急上昇しました。
https://searchranking.yahoo.co.jp/burst_ranking/20170529

「にっぽんいち なつかしい ゆうえんち」として、昭和の雰囲気を残し、昔ながらのアトラクションで注目を集めている" るなぱあく"は、昭和29年に開園しました。ということは、誕生から60年以上に渡り愛され続けている遊園地ですね。

そして、乗り物は一回10円か50円という安さに驚きました! 全てのアトラクションがワンコインで楽しめる" るなぱあく"ですが、お金も時間も気にせず思いっきり遊べる遊園地を運営していると、大変なことなどはないのでしょうか......。

そこで、" るなぱあく"の副園長の井階渉さんにメールインタビューでお話をうかがってみました。


るなぱあくについて

群馬県前橋市のまちなかにある、どこか懐かしいサッカーコート2面分ほどの小さな遊園地" るなぱあく"。未就学児や小学校低学年の「はじめてのゆうえんち」にはぴったりの場所。
" るなぱあく"の正式名称は「前橋市中央児童遊園」。昭和29年に開園し、現在では親子3世代、4世代にわたって親しまれており、前橋市の市民であれば、幼少期に一度は来園したことがある前橋の原風景の1つとなっている。
" るなぱあく"のシンボルとも言える「もくば館」は、国の登録有形文化財に登録されている貴重品。もくば館に設置されている電動木馬は、現存する日本最古のものであるが、現在も稼働しており、1回10円という破格の料金で楽しめるため、人気のある遊具の1つである。遊具は、電動木馬以外にも10円で楽しめる小型遊具や小さなお子様でも安心して乗れるジェットコースターやメリーゴーランドなど全8基の大型遊具が1回50円で楽しめる。

土・日・祝日には、ピザやコーヒー、クレープなどのキッチンカーが日替わりで5店舗以上出店したり、大道芸人が投げ銭ライブをしていたりと、遊具に乗らなくても充分に楽しむことができる。

その他にも夏休み期間には、前橋市、地元企業および市民との協働で、大人向けの夜間開園イベント「るなぱDEないと」や職業体験イベント「るなぱ DE ohhh! しごと」など、" るなぱあく"の特性を活かしたイベントを開催。
平成28年12月には、" るなぱあく"の真ん中に白いコンテナハウスの屋内休憩施設と前橋産の食材にこだわった約15種類の"おむすび"などを販売する「おむすびのマム(mom)」をオープンし、園内は多くの家族連れでにぎわいを見せる。

るなぱあくのごあんない

「前橋市中央児童遊園" るなぱあく"」
・住所:群馬県前橋市大手町3-16-3
・電話番号:027-231-6774
・開園時間:9:30~17:00(季節により変動あり)
・休園日:火曜日、雨天日
・駐車場:130台(無料)
・ホームページ:http://lunapark-maebashi.com/
・Facebook: https://www.facebook.com/lunapark.maebashi/

「おむすびのマム(mom)」
・電話番号:027-225-2000
・開店日時:土日祝日10:00~15:00(季節により変動あり)
・ホームページ:http://mom-maebashi.com/
・Instagram: https://www.instagram.com/mom_maebashi/

るなぱあく副園長の井階渉さんにインタビュー!

――" るなぱあく"の遊具の延べ利用者が、1954年の開園以降で最多を更新したと報じられていますが、入園料無料、大型遊具は50円、木馬と小型遊具は10円といった価格は、日本一安い遊園地とも言われています。これほど安いと、経営面で大変なことはないでしょうか?
井階渉副園長 " るなぱあく"は、前橋市所有の公共施設であり、弊社(オリエンタル群馬)が指定管理者として施設の管理運営をしています。そのため、収入は施設利用料の他に、前橋市から指定管理料として施設整備費や点検費などの管理運営経費を一部負担していただいております。つまり、" るなぱあく"は、東京ディズニーランドやUSJなどのような民設民営型の遊園地とは管理運営体制および事業スキームが異なることから安い値段設定を可能としています。ただし、指定管理料が潤沢にあるわけでなく、老朽化した施設の整備、点検に高額な費用が必要であることやスタッフの人件費、利用者数が天候に左右されやすい屋外施設であることなどを踏まえると、経営面で大変であることに間違いはありません。

――近年新たに夜間開園、遊園地の仕事体験イベントなどが行われていますが、特にオススメのポイントを教えてください。
井階渉副園長 遊具に乗るだけでなく" るなぱあく"の新しい楽しみ方として「るなぱDEシリーズ」の企画を提供しています。

・夜間開園イベント「るなぱDEないと」
「" るなぱあく"は未就学児や小学校低学年が遊ぶ場所」という既成概念があり、大人になると足が遠のく場所でした。その特性を生かし、「こどもにもどりたいおとなたちのために」というコンセプトのもと夏の毎週金曜日の夜限定で、園内や遊具のライトアップを行い、夜間運行やビアガーデンなど大人を対象としたイベントを開催しています。

・職業体験イベント「るなぱ DE ohhh! しごと」
夏休みの小学生を対象として、" るなぱあく"のスタッフと同じく、朝のラジオ体操から始まり、朝礼、遊具の清掃、試運転、接客、運行を体験していただくイベントです。
一般のお客様は、入ることができない遊具の操作室や豆汽車の先頭車両に入って、大型遊具を操作できる特別体験ができ、参加したお子様だけでなく、付き添いの親も大満足のイベントを開催しています。

――インターネットを使った情報発信にも力を入れているとのことですが、具体的にはどのような点に力を入れているでしょうか?
井階渉副園長 " るなぱあく"のコアターゲットである20~40歳代のお父さん、お母さんに向けて、FacebookやLINEなどのSNSを運用しています。Facebookでは、休園日も含め毎朝更新しており、配信情報は、特別なイベント情報だけでなく、天候や利用状況、遊具の整備状況、園内の開花情報、キッチンカーの出店状況、周辺のイベント情報など日々の日常を発信しています。
これにより、" るなぱあく"のご近所さんや、以前は前橋に在住していた海外在住の方、前橋市長などさまざまな方々から反応(コメント、いいね、シェア)もあり、63年という長い歴史で培った、" るなぱあく"ファンのネットワークをさらに拡げるために活用しています。
また、平成29年1月からLINE@も導入しており、友だち登録者にはお得なクーポンを発行するなど、来園者満足度の向上およびリピーター確保するために活用しています。

――Yahoo! JAPANの検索サービス・Yahoo!検索のイメージを遠慮なく教えてください!
井階渉副園長 Yahoo!ニュースと連動しているため、トレンドが分かりやすい検索サービス。

――最近何を検索していますか? 実際に検索してみたワードをいくつか教えてください。
井階渉副園長 " るなぱあく"における施設整備やイベントに活用できるような類似事例を調べる検索が主です。
・検索ワード:暑さ対策イベント遊園地ライトアップイルミネーション夜間開園などです。

るなぱあくフォトギャラリー


子供の頃に行ったデパートの屋上遊園地やメリーゴーランドは、夢のような世界でした。今も変わらない姿を残している" るなぱあく"へ思い出をみつけに出かけてみませんか?

おすすめ記事

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。

いま検索されているワードは?