ホーム > 記事一覧 > 検索スモールデータ一覧 > 第156回「芥川賞・直木賞」の発表直前! 検索数で受賞予想? 歴代受賞者の検索数ランキングも

検索データの小さな変化からでも「次に来る」モノを鋭く分析!「検索スモールデータ」

第156回「芥川賞・直木賞」の発表直前! 検索数で受賞予想? 歴代受賞者の検索数ランキングも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の1月19日(木)、いよいよ第156回「芥川賞(あくたがわしょう)」「直木賞」の受賞作が発表されます。年に2回ある両賞の発表を楽しみにしている方も多いと思います。誰が受賞するか予想したり、候補作をすべて読んでみたり......活字欲が刺激されますね! Yahoo!検索のKです。こんにちは。

〔写真:アフロ〕

◆「芥川賞」「直木賞」の検索動向は?

まずは「芥川賞」「直木賞」がどのような検索動向をたどるのか見てみましょう。過去4年分の動きを調べてみました。赤いグラフが芥川賞、青いグラフが直木賞です。(集計期間:2013年1月1日~2016年12月31日)

両賞ともに、発表のある1月と7月に上昇する傾向があります。しかし......2015年7月の芥川賞の検索数の伸びが尋常ではありません。そうです、この回はお笑いコンピ・ピースの 又吉直樹さん が候補としてノミネートされ、しかも受賞したという大注目の回でした。

〔写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ〕左から第153回直木賞受賞者・東山彰良さん、芥川賞受賞者・又吉直樹さん、羽田圭介さん

それでは次に、両賞の歴代受賞者(第1回~第155回)が2016年の一年間でどのくらい検索されたかという、検索数ランキングを紹介します。いずれもトップ40位までのランキングです。(集計期間:2016年1月1日~12月31日)

◆歴代「芥川賞」受賞者の検索数ランキング トップ40!

まずは5位までをコメントつきで紹介します。受賞回は上期が7月、下期が1月となります。

順位受賞者受賞作品名掲載誌/受賞回
1辻仁成海峡の光新潮/1996下期
2石原慎太郎太陽の季節文學界/1955下期
3又吉直樹火花文學界/2015上期
4羽田圭介スクラップ・アンド・ビルド文學界/2015上期
5村田沙耶香コンビニ人間文學界/2016上期

1位は 辻仁成さん です! 比較的コンスタントに検索されていますが、特に2016年4月7日の日本テレビ系列「あのニュースで得する人損する人」に出演し、「生クリーム添え ヅケカツ・ド・半ナマン」などの料理を披露したことが注目を浴びました。

2位は 石原慎太郎さん 。2016年1月に田中角栄をテーマにした著書「天才」を発表しました。また、小池百合子東京都知事の誕生前後にも検索数が伸びています。

3位は 又吉直樹さん 。芥川賞受賞から1年半、いまだ勢いが衰えることはありません。2作目が待ち遠しいですね。

4位は 羽田圭介さん 。又吉さんとの同時受賞で話題になりましたが、積極的にテレビ出演もしており、注目され続けています。2016年11月には「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」を刊行し、作家活動も順調ですね。

5位に昨年「コンビニ人間」で受賞した 村田沙耶香さん が入りました。2016年にもっとも検索数が急上昇した小説家として、Yahoo!検索大賞2016小説家部門賞を受賞しました。総検索数でもトップ5にランクインです。

それでは6位~40位を一気に紹介します。

順位受賞者受賞作品名掲載誌/受賞回
6松本清張或る「小倉日記」伝三田文学/1952下期
7本谷有希子異類婚姻譚群像/2015下期
8川上未映子乳と卵文學界/2007下期
9村上龍限りなく透明に近いブルー群像/1976上期
10中村文則土の中の子供新潮/2005上期
11吉田修一パーク・ライフ文學界/2002上期
12西村賢太苦役列車新潮/2010下期
13柳美里家族シネマ群像/1996下期
14遠藤周作白い人近代文学/1955上期
15綿矢りさ蹴りたい背中文藝/2003下期
16平野啓一郎日蝕新潮/1998下期
17大江健三郎飼育文學界/1958上期
18町田康きれぎれ文學界/2000上期
19宮本輝螢川文芸展望/1977下期
20開高健裸の王様文學界/1957下期
21井上靖闘牛文學界/1949下期
22安部公房近代文学/1951上期
23庄司薫赤頭巾ちゃん気をつけて中央公論/1969上期
24小川洋子妊娠カレンダー文學界/1990下期
25中上健次文學界/1975下期
26唐十郎佐川君からの手紙文藝/1982下期
27辺見庸自動起床装置文學界/1991上期
28川上弘美蛇を踏む文學界/1996上期
29目取真俊水滴文學界/1997上期
30北杜夫夜と霧の隅で新潮/1960上期
31金原ひとみ蛇にピアスすばる/2003下期
32吉行淳之介驟雨・その他文學界/1954上期
33田辺聖子感傷旅行航路/1963下期
34池田満寿夫エーゲ海に捧ぐ野性時代/1977上期
35滝口悠生死んでいない者文學界/2015下期
36池澤夏樹スティル・ライフ中央公論/1987下期
37田中慎弥共喰いすばる/2011下期
38絲山秋子沖で待つ文學界/2005下期
39丸山健二夏の流れ文學界/1966下期
40津村記久子ポトスライムの舟群像/2008下期

以上の結果となりました! 一時代を築いた作家から新進気鋭の作家まで、まんべんなくランクインしているという印象です。

続いて直木賞です。

◆歴代「直木賞」受賞者の検索数ランキング トップ40は?

こちらも5位までをコメントつきで紹介します。

順位受賞者受賞作品名出版社/受賞回
1林真理子最終便に間に合えば・
京都まで
文藝春秋/1985下期
2東野圭吾容疑者Xの献身文藝春秋/2005下期
3向田邦子花の名前・かわうそ・
犬小屋
小説新潮/1980上期
4伊集院静受け月文藝春秋/1992上期
5宮部みゆき理由朝日新聞社/1998下期

1位は 林真理子さん 。こちらもコンスタントに検索されていますが、特に2016年12月23日のTBSテレビ系列「ぴったんこカン・カンスペシャル」に出演して検索数が伸びました。やはりテレビへの出演は注目されるようですね。

2位は 東野圭吾さん です。さすがは大御所ミステリー作家。大きく検索数が伸びた日はないのですが、毎日相当数が検索されています。2016年も「危険なビーナス」や「恋のゴンドラ」など、毎年新作を発表し、精力的に活動されていますね。

3位は 向田邦子さん 。2016年6月4日のNHK「トットてれび」第5回、ミムラさん演じる向田邦子さんが話題になり、この日に非常に多く検索されました。

4位は 伊集院静さん 。2016年9月13日にテレビ朝日系列「徹子の部屋」に出演。また、11月2日には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞して検索数が伸びました。

5位は 宮部みゆきさん です。2016年5月20日、27日に日本テレビ系列で映画「ソロモンの偽証」の放映があり検索数が上昇。さらには9月21日、22日にテレビ東京系列で「模倣犯」のドラマ放映がありました。いずれも映像化された作品が話題になりました。

芥川賞、直木賞ともに、検索数上位に食い込むにはテレビ出演が大きな要素となっていますね。逆にメディアにほとんど登場せずに2位に入った東野圭吾さんは、非常に安定した人気があると言えます。

それでは直木賞も6位~40位までをご紹介します!

順位受賞者受賞作品名出版社など/受賞回
6朝井リョウ何者新潮社/2012下期
7藤沢周平暗殺の年輪オール讀物/1973上期
8司馬遼太郎梟の城講談社/1959下期
9池井戸潤下町ロケット小学館/2011上期
10角田光代対岸の彼女文藝春秋/2004下期
11西加奈子サラバ!小学館/2014下期
12志茂田景樹黄色い牙講談社/1980上期
13京極夏彦家族後巷説百物語角川書店/2003下期
14三浦しをんまほろ駅前多田便利軒文藝春秋/2006上期
15重松清ビタミンF新潮社/2000下期
16辻村深月鍵のない夢を見る文藝春秋/2012上期
17村山由佳星々の舟文藝春秋/2003上期
18石田衣良4TEEN新潮社/2003上期
19浅田次郎鉄道員(ぽっぽや)集英社/1997上期
20なかにし礼長崎ぶらぶら節文藝春秋/1999下期
21池波正太郎錯乱オール讀物/1960上期
22山崎豊子花のれん中央公論/1958上期
23野坂昭如アメリカひじき・
火垂るの墓
別册文藝春秋
オール讀物/1967下期
24奥田英朗空中ブランコ文藝春秋/2004上期
25青島幸男人間万事塞翁が丙午新潮社/1981上期
26桐野夏生柔らかな頬講談社/1999上期
27佐藤愛子戦いすんで日が暮れて講談社/1969上期
28荻原浩海の見える理髪店集英社/2016上期
29江國香織号泣する準備は
できていた
新潮社/2003下期
30渡辺淳一光と影別册文藝春秋/1970上期
31道尾秀介月と蟹文藝春秋/2010下期
32小池真理子早川書房/1995下期
33井上ひさし手鎖心中別册文藝春秋/1972上期
34葉室麟蜩ノ記(ひぐらしのき)祥伝社/2011下期
35つかこうへい蒲田行進曲角川書店/1981下期
36黒川博行破門KADOKAWA/2014上期
37山田詠美ソウル・ミュージッ
ク・ラバーズ・オンリー
角川書店/1987上期
38乃南アサ凍える牙新潮社/1996上期
39松井今朝子吉原手引草幻冬舎/2007上期
40桜木紫乃ホテルローヤル集英社/2013上期

以上の結果となりました。こちらも大物から若手まで、さまざまな作家がランクインしました。

あなたの好きな作家は何位だったでしょうか。未読の作家がいるという場合は、検索数の上位から読んでいっても面白いかもしれませんね。

◆検索数から今回の受賞者を予想!

さて、いよいよ受賞予想です。それぞれの候補者の検索数ランキングを見てみましょう。候補の発表は2016年12月20日でしたので、その日から約4週間の集計期間としました。(集計期間:2016年12月20日~2017年1月15日)

芥川賞

順位候補者候補作品名掲載誌
1岸政彦ビニール傘新潮9月号
2山下澄人しんせかい新潮7月号
3宮内悠介カブールの園文學界10月号
4加藤秀行キャピタル文學界12月号
5古川真人縫わんばならん新潮11月号

直木賞

順位候補者候補作品名出版社
1森見登美彦夜行小学館
2恩田陸蜜蜂と遠雷幻冬舎
3冲方丁十二人の死にたい子どもたち文藝春秋
4垣根涼介室町無頼新潮社
5須賀しのぶまた、桜の国で祥伝社

以上のような結果となりました。もちろん検索数の多い方が受賞するとは限りませんが、検索数からの予想は芥川賞が 岸政彦さん 、直木賞は 森見登美彦さん としたいと思います!

森見さんの「太陽の塔」「夜は短し歩けよ乙女」は独特の文体によって不思議な世界に誘われ、そのまま自分も作品世界の住人になってしまったような錯覚を覚えました。「夜行」でもきっと選考委員を「森見ワールド」へと連れて行ってしまうことでしょう。岸さんは未読ですので、受賞を祈願してぜひ読んでみようと思います。

注目の発表は1月19日(木)。今回はどの作品が選ばれるのでしょうか。今から楽しみですね! Yahoo!検索では「芥川賞」「直木賞」などのワードで検索すると、今回の候補一覧が見られるようになっています。ぜひ検索結果でも候補作をチェックしてみましょう!

※「芥川賞」の検索結果

※「直木賞」の検索結果

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。