ホーム > 記事一覧 > 検索スモールデータ一覧 > 25年ぶりのリーグ優勝! 広島東洋カープに関する検索データを調べてみました

検索データの小さな変化からでも「次に来る」モノを鋭く分析!「検索スモールデータ」

25年ぶりのリーグ優勝! 広島東洋カープに関する検索データを調べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!検索のKです。人生初のプロ野球観戦は小学2年生の時の、中日ドラゴンズvs.広島東洋カープ(ナゴヤ球場)でした。試合前の練習ですぐ近くの子どもにボールが直撃し、担架で運ばれていく様子を恐怖に打ち震えながら見送ったのは甘酸っぱい思い出の1ページです。こんにちは。

2016年の日本シリーズは、連敗スタートを4連勝でくつがえした北海道日本ハムファイターズが制しました。おめでとうございます! 今年はセ・リーグが広島東洋カープの25年ぶりの優勝、パ・リーグは北海道日本ハムファイターズが最大11.5ゲーム差を逆転しての優勝ということで、両リーグともにおおいに盛り上がりました。

今回は、全国的にも注目を浴びた広島東洋カープについての検索データを見ていきます。

〔写真:アフロスポーツ〕

私が幼少の頃は「赤ヘル軍団」と呼ばれた強豪でしたが、その後は15年連続Bクラスに沈み、低迷し続けていました。それがここ数年は企業努力や選手育成が実り、チームは着実に実力をつけてきました。さらには「男気」「神ってる」「カープ女子」など、さまざまな新しいキーワードを生み出しています。

◆スターティングメンバーと中心投手の検索数は?

まずは今年の広島カープのスターティングメンバー、中心投手について検索数の累積を調べてみましたので、彼らの人気ぶりを見てみましょう。

(集計期間2016年3月25日~2016年10月30日。選手は試合数などの数値から選出)

今年2000本安打を達成した新井貴浩選手が堂々の1位! おめでとうございます。2位は今年ブレイクした鈴木誠也選手、3位は好守備連発の菊池涼介選手でした。

次に投手陣です。

(集計期間2016年3月25日~2016年10月30日。選手は試合数などの数値から選出)

今年限りで引退を発表した黒田博樹投手が圧倒的1位。おめでとうございます! 2位は沢村賞のジョンソン投手、3位はセ・リーグ最多勝の野村祐輔投手でした。

野手、投手ともに大ベテランが存在感を見せつけましたね。

続いて、今年話題となったワードの今シーズンの推移をそれぞれ調査しました。

◆話題となったキーワードの推移は?

・「男気

「男気」といえば黒田投手の代名詞。同投手が引退を発表した10月18日がピーク、その直後の日本シリーズ第3戦で登板した10月25日が続きます。黒田投手の記事を書いていると、私の男気ボルテージもどんどん上がっていきます。

・「神ってる

最初に上昇したのは、やはり鈴木誠也選手が6月17日、18日の2試合連続でサヨナラホームランを打った後。この時の活躍が「神ってる」と表現されました。ピークは優勝を決めた9月10日。この記事も「神ってる」ほどシェアされるといいなと思います。

・「カープ女子

こちらもセ・リーグ優勝が決まった9月10日にピークを迎えています。全国のカープ女子と喜びを共有したかったのかもしれませんね。

私は男子ですので「カープ男子」についても調べてみました。せっかくなので「カープ女子」と比較してみましょう。赤線が「カープ女子」、青線が「カープ男子」です。

完全に一致しました! ......いや、違いますね。下のほうに何かありますね。よくわからないので、少し拡大して矢印で示してみましょう。

「カープ男子」に対する世間の認知は「ほぼ無し」という結果に終わりました。この悔しさをバネに、どなたか流行らせていただければと思います。

・「赤ヘル

かつて一世を風靡(ふうび)した「赤ヘル」についても調べました。

同じく優勝決定時に多く検索されています。往年のファンが昔を懐かしむために検索したのでしょうか。

◆もっともよく検索された地域は?

最後に「広島カープ」での都道府県別の検索数ランキングTop20です。

1位広島県
2位東京都
3位大阪府
4位山口県
5位神奈川県
6位岡山県
7位愛知県
8位福岡県
9位千葉県
10位兵庫県
11位埼玉県
12位北海道
13位京都府
14位島根県
15位愛媛県
16位静岡県
17位鳥取県
18位茨城県
19位香川県
20位宮城県

ご当地「広島県」がダントツの1位というのはもちろんのこと、中国地方や西日本の地域がランクインしています。また、2位「東京都」や3位「大阪府」など、広島出身の方が多いと思われる地域でも検索されていますね。12位の「北海道」は、日本シリーズで対戦した日本ハムファイターズの本拠地であることも関係しているかもしれません。

早くも各チームは来シーズンに向けて始動しています。セ・パ両リーグともに優勝チームが連覇を達成するのか、それとも思いもよらないチームが優勝を果たすのか。今から楽しみですね!

新着

公式アカウントで最新情報配信中!

  • Facebook

    Yahoo!検索の公式Facebookページ。

  • Twitter
    (@YahooSearchJP)

    Yahoo!検索の公式Twitterアカウント。

こちらもチェック

Yahoo! JAPANトップページをホームページに設定しよう
・気になるニュースをタイムリーに配信。
・あなたの地域の天気をピンポイントで表示。
・地震や津波など緊急の災害情報も、すぐにお知らせ。